お金が足りない時にすべきこととは?

  • 給料日までお金が足りないかもしれない・・・
  • 急に何かあったらお金が払えない・・・
  • 手元のお金を増やしたい・・・

 

賃貸住宅の方なら更新料、自宅を持っている方なら固定資産税、
自動車があるなら自動車税や保険料や車検など、
たまにやってくる支払いって忘れてしまいがちですよね。

 

そのため、ついお金が足りない状況になることってあると思います。

 

お金が足りない状況であれば、食費や生活費を何とか節約しなければなりません。
ただお金が足りない時には、節約するくらいでは間に合わない場合がほとんどだと思います。

 

友人や親せきからお金を借りるにしても、トラブルに発展しやすいことやお金に困っていることがバレたくない気持ちもあります。
「最近○○さん、お金に困っているそうだ」
嫌な噂って流れるのが早い気がしますね。

 

結論からお話しますと、お金が足りない状況の時はカードローンやキャッシングを利用するのが一番おすすめです。

 

お金が足りないって状況だけでローンを組んだりキャッシングをすることは抵抗があるかもしれませんが、
最近では約11人に1人の割合で利用している人気サービスになっています。

 

初めての方は抵抗があるかもしれませんが、
初めて利用する場合は30日間利息0円のサービスもありますのでお得になります。

 

サービスなので「お金足りない!」と思ったその日に融資を受けることも可能な場合があります。
郵便物も送られてこない方法もありますので、お金に困っている状況を周囲に知られることもありません。
さらに普段のATMの操作と似たサービスもあります。

 

ここでは、お金が足りない時のおすすめ方法としてカードローンを紹介します。
数あるカードローンのサービスからおすすめのサービスを紹介します。
気になる金利の計算も例を挙げて紹介していますので、
参考にして頂けると幸いです。

 

このサイトを読めば、お金が足りない時に誰にも知られずに自力で解決する方法が見つかります。

 

お金が足りない時のおすすめ人気カードローン

プロミス

商品名:フリーキャッシング
金利4.5~17.8%
審査時間最短30分
限度額500万円

 

プロミスのおすすめポイント

  1. Webで完結します。
  2. Webなら最短1時間程度で融資も可能です。
  3. 初めて利用する方なら30日間は利息0円で利用できます。

 

個人的にプロミスがおすすめな理由は、女性向けのサービスが充実している点です。
レディースキャッシングと言うサービスで、女性専用ダイヤルや女性のオペレーターの方の対応が可能です。
家庭のお金のやりくりは女性の方がやっていることが多く、仕事をしてくる旦那に言えないお金悩みを抱えていると思います。

 

このような女性独特のお金の悩みを共有できるのが個人的おすすめです。
また、LINEでも質問が可能ですので借入額や返済計画など気軽に相談してみると良いと思います。

 

モビット

金利3.0~18.0%
審査時間最短30分(10秒簡易審査結果)
限度額800万円

 

モビットのおすすめポイント

  1. Webで完結します。
  2. 顧客満足度2年連続No.1
  3. 三井住友銀行を利用している方ならATMの手数料は0円

 

アイフル

金利3.0〜18.0%
審査時間最短30分(1秒診断)
限度額800万円

 

アイフルのおすすめポイント

  1. Webで完結します。
  2. 初めて利用する方なら30日間利息0円で利用できます。
  3. たった1秒で融資可能か診断できます。
  4. たった30秒であたなにピッタリな借り方を診断できます。

 

 

お金が足りない時にカードローンの金利って高くないの???

初めての方なら、お金が足りないからと言ってカードローンを利用するのって抵抗があると思います。
それは利用する費用が心配だからではないでしょうか?

 

ずばり金利ですよね。

 

ここでは10万円を金利18%で30日間借りたと仮定して金利を計算してみます。

 

金利18%で、30日間10万円を借りたとすると、
10万円 × 18.0% ÷ 365日 × 30日 = 約1479円

 

お金が足りない時に利用するサービス費用は約1500円です。
個人的にはランチ2回分でお金が足りない状況を解決でき、さらに周囲にバレずにすぐに解決できるのは魅力的なサービスだと思います。

 

使い勝手も普段のATMの操作と変わらないサービスもありますので、
利用者が拡大している理由が納得できます。

 

 

お金が足りない時になぜカードローンがおすすめなの?

お金が足りない時の対処法としてよく言われるのが、
支出を減らして収入を増やすことです。

 

しかし今月や「今お金が足りない!」って時に支出を減らすことで対処できるでしょうか?
食費など出来るだけ節約しても解決できるだけの額にならないと思います。

 

まして収入を増やすことはなかなかできないと思います。
収入を増やすことと言えば、

 

  • 日払いのバイトを始める
  • 家族や友人からお金を借りる
  • 副業を始める
  • 買取サービスで売れる物を売る

 

このような方法があります。
バイトを始めるにしても探す時間がかかりますし、家族にもバレてしまいますよね。
私も経験がありますが、バイトやパートを始めるってなったら「なんで?そんなにお金困ってるの?」ってすごく心配されてしまいます。

 

家族や友人から借りるにしてもお金に困っていることがバレますし、関係にヒビが入らないか一番心配になります。

 

  • 給料日になれば解決するのに・・・
  • お金が足りないってほどじゃないけど、急な出費に対応できなくなる・・・
  • 大きな金額じゃないのに・・・

 

このような時に、人間関係の大きな問題に発展させたくない気持ちも出てきます。

 

カードローンなら手っ取り早く安心を手に入れることが可能ですので、
とりあえず必要な額だけ手元に置いておくだけでも安心できます。

 

プロミスだと三井住友銀行かジャパンネット銀行なら24時間最短10秒でお金が足りない状況でも解決できます。
初めての方で不安であれば、使い慣れたLINEでも質問できますので、借入額や返済の計画など気軽に相談してみること良いと思います。

 

 

お金が足りない時の解決方法のまとめ

お金が足りない時に一番早く解決できるのがカードローンです。
最近では毎月の給料が生活費でいっぱいいっぱいの家庭が増えており、
冠婚葬祭など急な出費に対応できない家庭が増加傾向にあると言われています。

 

カードローンの利用者も約11人に1人と言う割合ですので、
人気が高まっているサービスになります。

 

さらにカードローンであれば少しずつの返済が可能で、月々の生活に負担が出ないように工夫することもできます。

 

利息を低くおさえるならプロミス、
借入金額が高額ならモビット
がおすすめです。

 

お金が足りない状況を解決するなら、プロミスでまずは審査を申し込んではどうでしょうか?

 

 

お金が足りない状況を根本的に解決する方法

お金が足りない状況が一時的ではなく、慢性的にお金が足りない状態であれば一時的にお金を借りても根本的な解決にはなりません。
慢性的にお金が足りない状態とは、

  • 給料日前になるといつもお金が足りない
  • お金が足りないほどではないが、貯金が出来ないため急にお金が必要になった時に対応できない

 

このような状況に当てはまるなら、根本的に解決する方が良いと思います。
お金が足りない状況を根本的に解決するには、お金が足りない状況になる原因から解決していくしか方法はないと思います。

 

お金が足りなくなる原因とは

  • 収入と支出のバランスが崩れている
  • 支出のうち固定費が多い
  • 無駄な出費が多い

 

お金が足りない状況になる原因はこの3つになります。
1つずつ解決策をご紹介します。

 

収入と支出のバランスが崩れている

お金が足りない状況になるのは、収入より支出が多い、もしくは収入に比べて支出が多いので貯蓄に回らないのが原因です。
収入と支出のバランスが崩れるとお金が足りなくなるのは当然です。

 

収入と支出のバランスを整えるには、支出に目を向けます。
支出に目を向けるためにも、家計簿を付けていない場合はまず家計簿から付けるようにしましょう。

 

あなたが何に対していくらお金を使ったのか把握できる状態にする必要があります。
家計簿を付けていない方に、お金が足りない原因がわかる家計簿の付け方をご紹介します。

 

お金が足りない原因がわかる家計簿の付け方のポイント

  1. 1ヵ月を1ページで記入していく
  2. 食費や交際費、固定費のようなジャンルに分けて、細かく分けすぎない

 

お金の収入と支出を見る時は、一か月単位で見たりします。
家計簿も一か月単位で把握しやすいように1ページに1か月ごと記入していくと、お金が足りない状況を把握しやすくなるのでおすすめです。
お金を使った種類が多すぎると、どのジャンルに分ければ良いのか迷うことになります。
分ける作業が目的になってしまい、家計簿を付けなくなると本末転倒ですので、大まかで良いので何に使ったのか記入していくと良いと思います。
少なくとも固定費かそうでないかがわかれば良いと考えています。

 

支出のうち固定費が多い

家計簿を付けて、何にどれだけのお金を使ったがわかると、次は固定費を見ます。
固定費とは、車のローンや家賃、住宅ローンや携帯電話代、インターネットなどの通信費用など毎月決まって支払う費用のことです。

 

固定費用を少なくすることが出来れば、毎月常に支出を少なくすることが出来ますので、まずは固定費から見直すことをおすすめします。

 

ここでは家賃を例に、固定費の見直し方をご紹介します。
家賃や住宅ローンは収入の1/3が目安と言われています。
あなたが住居費用を収入の1/3より多く支払っているとすると、平均より多く費用がかかっていると言う訳ですね。

 

住宅ローンであればローンの借り換え、賃貸であれば1/3に収まる部屋を探してみると良いと思います。

 

家賃や住宅ローンの他に、生命保険や医療保険、携帯電話などの通信費も見直してみると大幅に下げることが出来たりします。
例えば携帯電話の場合、大手キャリアから格安SIMに切り替えることで最大5000円程月々の費用を抑えることも出来る場合があります。

 

生命保険や医療保険も公的な保険の内容を確認し、本当に民間の保険が必要かどうかを考えてみるのも良いと思います。
時代によって医療の考え方が変化してきますので、保険の見直しも合せてしていくと良いでしょう。

 

例えば、入院すれば1日5000円貰える等の医療保険があったりします。
最近では出来るだけ入院せずに通院させる流れになってきてますので、わざわざ保険に付けておく必要はないと考えることもできます。

 

このように、固定費の見直し方は一般的な平均値と比較して検討していくと良いと思います。

 

無駄な出費が多い

固定費の見直しの次は、無駄な出費が多い場合は減らすことをおすすめします。
無駄な出費とは人によって異なりますが、例えば毎日職場で飲み物を購入している場合は、飲み物を持参するだけでも支出は変わってきます。
例えば150円の飲み物を20日間毎日買ったとすると、3000円になります。
3000円を保険や携帯代で同じように下げるようにするにはなかなか出来ないと思います。

 

持参するだけでも減らせる支出がありますので、他に無駄な出費がないか見直してみることをおすすめします。

 

さらに無駄な出費をしない工夫をします。
予算を決めておくことで、その予算内で済ませる意識に繋がります。
今まで何とも思わなかった商品に対して、予算を決めるだけで「高い」、もしくは「高くはないけど、もっと安いので十分」と感じることにもつながります。

 

このようにお金が足りない状況を根本的に見直すことで、慢性的にお金が足りない状況を解決することができます。

トップへ戻る